今回はiPhoneの需要と題してなぜここまで日本でiPhoneが人気なのかを私なりの考えで意見を書いていきたいと思います。

まず初めに、iPhoneはなぜここまで日本のスマホ市場で圧倒的なシェアを誇っているのか?スマートフォンが発売されてからiPhoneの需要がなぜこんなに高まったのか?を考えてみたいと思います。

一つ目の理由としては、シンプルですが、デザインや性能がとても良かったんだと私は思います。簡単に言うと、かっこいいからだと思います。皆さんも洋服を着るならダサい物よりかっこいい物の方が良いですよね。

二つ目の理由として、日本にiPhoneが初めて発売された時、全てのキャリアから一斉に発売するのではなく「SoftBank」のみから発売した事が重要なカギになっていると思います。当時のアップルがこうなることを予想して戦略として考えていたかは不明ですが、今となっては日本のiPhoneの需要は世界でもトップクラスです。

一つ目の理由のiPhoneのデザインや性能が素晴らしいからというも、ここまでiPhoneの需要が増えた理由ですが、二つ目の理由が圧倒的に大きく関係しています。

なぜ二つ目の理由が大きく関係しているかを一言で言うとキャリアの「iPhone押し」が最大の理由と言えます。iPhoneが日本で初めて発売された時期とMNP(ナンバーポータビリティ)によってユーザーが他社へ乗り換えることが簡単にできるようになった時期が重なり、キャリア間でのユーザー獲得が激化していきました。当時ソフトバンクのみでiPhoneが発売されたためソフトバンクユーザーがかなり増えたと思います。

そういう事情からキャリアの「iPhone押し」があり、スマホを買う=iPhoneという流れができてしまっていると思います。そこに付け加え、日本がここまでiPhoneシェアが高いのは気軽にiPhoneが買えてしまうこともあります。海外ではiPhone=高級スマホですが、日本ではiPhone=普通のスマホですから、シェアが高くなるのは当たり前のような気がします。

国によりiPhoneを持っているからお金持ちだ。などイメージやとらえ方は違いますが、日本ではiPhone=お金持ちと言う解釈は当てはまらない様に思えます。日本では全体的に若い世代の方がiPhoneを使用している人が多いように感じます。iPhoneはアプリの豊富さやデザイン、操作性など様々な事で人気を得ている様ですね。他にもこれだけ世界で需要があれば売る時は当然高く売れます。そういった事も他の端末にはない利点かもしれません。これから新しいモデルが出ますが、さらなる進化に期待したいですね。

iPhoneの需要(人気の理由)