ここ数年で街のあらゆるところに「iPhone修理!」って看板が目立つようになりましたよね。全国各地にiPhoneの修理屋さんが増えています。

そんな僕も3年前にiPhone修理屋をスタートさせました。3年前にお店をスタートさせた時は、あと2年か3年は、このiPhone修理ビジネスで食っていける!そんな感じでスタートさせたiPhone修理ですがもう3年が経ちました…。

3年前にあと2~3年だなって思ってましたが、3年経った今では、またあと2~3年で修理ビジネスを終わると思っています。

ということはまだまだiPhone修理ビジネスでやっていけるのかな?!これから先の事は誰にもわかりませんが、しかし、iPhone7が出た時には、ついにiPhoneも防水機能を搭載した水没しないiPhoneになることで修理業界はこれから先、水没修理はなくなるね…と話していました。

水没修理で直った時の達成感やお客様の喜ぶ顔が見れなくなるのかと、とても残念がっていましたが、しかし、蓋を開けてみるとiPhone7も水没しちゃってます…。iPhone7は、使い込んでるとボディやフレームが変形してしまうらしく、隙間がどうしてもできちゃうようで水没してしまうらしいです。iPhone7の水没修理の依頼があった時は正直嬉しかったです。

しかし、今後、もしフロントガラスが割れないiPhoneやかなり頑丈なiPhoneが発売されたら、多くのiPhone修理店は廃業となるかもしれませんが、今のところ、そのようなiPhoneが発売される予定も予想もありません。

もしものことを考えiPhone修理より買取を強化しようかなととか、いろんなことを考えながら今日もiPhone修理を頑張っています。

iPhone修理店はいつまで続く?